プラセンタの成分の違い

プラセンタの原料には、人・豚・牛・羊・馬・植物などがあります。以前は牛のプラセンタが多く使われていましたが、狂牛病の問題もありあまり使われなくなりました。どの原料が一番良いのかは明確には答える事は出来ませんが、それぞれの特徴があり安全に育てられた動物から抽出されたものならおススメできると思います。SPF豚や馬は比較的クリーンだとも言われています。
豚は最近では一番多く使われている原料です。豚は元々病気を持ちやすく、薬剤の投与を行っている可能性があり安全性が心配されます。しかし、SPF豚は特別な管理の下育てられ、健康に育てた豚のため安全性にこだわる方は選んでみて下さい。
馬は元々細菌が少なく投薬の必要性がありません。サラブレッドを利用したものは価格が高いのですが、品質も良く良いものを求める方に良いでしょう。アミノ酸が多く含まれており、化粧品以外にもサプリメントとして使われています。栄養面ではダントツで飲むタイプが良いでしょう。
羊は人となじみやすい性質があります。比較的クリーンな状況で育てられ健康に育ちやすいため、安全性にこだわる方に良いでしょう。
植物性は動物性のプラセンタにアレルギーを持つ方も居て、開発されました。動物性のプラセンタとは異なりますが、アレルギーがある方には最適です。

そのほかのメニュー

お役立ちリンク集

ページ上部に戻る