肝斑(かんぱん)にもプラセンタ

肝斑(かんぱん)とはシミの一種ですが、出産後の女性に多く見られています。大きくぼやけたようなシミで、美白スキンケアを行なっても中々改善できにくいタイプです。3人に1人は肝斑があるとも言われていますが、他のシミと併発しやすく正しいスキンケアが求められます。
肝斑とは、シミの一種で左右対称的に現れることが多くなっています。女性の方が多いのは、出産後のホルモン変化によるものだといわれています。頬やこめかみにできやすいです。原因は様々なものがありますが、出産後や更年期時に女性ホルモンが変化することによってできやすくなります。紫外線を浴びると酷くなる事もあり、注意しましょう。また、ストレスも大きな原因だと言われています。出産後のストレスによってできる可能性もあるでしょう。擦ると悪化しやすいため、スキンケアの方法には気をつけてください。
プラセンタはこの肝斑にも効果を発揮します。新陳代謝を促しシミを排泄する働きがあるからです。一気に効果が見られる事は少なく、代謝によって徐々に排泄されていくため根気が多少必要です。ただしレーザーで治療する方法と比べると肌に負担が無く、費用も安いためコツコツとケアできる方には最適な方法です。

そのほかのメニュー

お役立ちリンク集

ページ上部に戻る